工房・寂

Open Book
Keyboard
MacBook
Crocus
Blueberries
Light Bulb
Reed
flexible

過去のイベント

モノオペラ二題


2014年11月20日(木)
イタリア文化会館 アニェッリホール
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30

「ヴァニタス」(1981年)
Salvatore Sciarrino: Vanitas


演奏者 
太田真紀(ソプラノ) 
竹本聖子(チェロ) 
大須賀かおり(ピアノ)

「松虫」(世界初演)
Daryl Jamieson: Matsumushi


演奏者
吉川真澄(ソプラノ)
是澤悠(オーボエ/イングリッシュ・ホルン) 
竹本聖子(チェロ)
大須賀かおり(ピアノ)

演奏会コンセプト

今回取り上げるモノオペラ2作品は,いずれも「束の間の人の命の尊さ/はかなさ」を通奏低音としています.シャリーノが1981年に作曲した「ヴァニタス」は,このモチーフを様々に変奏する労作で,数あるシャリーノの作品の中でも傑作の一つと評価されています.戦後モダニズムの伝統の中でも最も贅沢に織り出された音の世界をじっくりお楽しみください.

一方ゼミソンによるモノオペラ「松虫」は,この演奏会のために新たに書かれたもの.20日の演奏会が世界初演です.同名の能の演目を典拠にシャリーノの「ヴァニタス」と似た主題を仏教的・人間的側面から扱おうとする作品です.2作品の根底に流れているのは人の命の儚さ,殊に私たちの多くが忘れがちな「メメント=モリ」のメッセージです.2つのモノオペラを続けて演奏することで,音楽そのもの以上の意味を聞きとっていただけたら,と思っております.

チラシをダウンロード:
 
助成
Stacks Image 1111
Stacks Image 1114
後援
Stacks Image 1121
Stacks Image 1124

吉澤延隆リサイタル



2014年7月12日



古くゆかしい日本家屋を改造した「
ギャラリー園」に,箏の演奏者である吉澤延隆氏を迎え,ごく少人数の箏の演奏会を開きます.本企画は韓国,中国,そして日本の各地の会場で,同日・同時刻から一斉に演奏会が始まる「ワンデーフェスティバル」の一環として企画されるものです。

プログラム



パク・ウンギョン : Seeking, comprehending for 13-string koto solo(2013)
イアン・ディックソン:Ballade for koto(2011)
ゼミソン・ダリル / 高橋 睦郎(歌詞): 古代女神に扮した私(2008)
望月 京: Intermezzi Ⅱ ~for koto solo~(2002)
廣瀨量平: 瓔(よう) -箏独奏のための十段-(1972)


P1070890
Stacks Image 285

現代音楽とやまとうた



2013年5月19日


於 東京国立博物館 九条館

flexible
工房・寂の最初の試みは,芸術監督ゼミソンのポートレートコンサート.この演奏会では貞松瑩子からパブロ・ネルーダ,式子内親王,そしてゼミソン自身まで,様々な詩人・歌人たちの作品に因んだ作品を演奏しました.日本の声楽家・きむらみか氏,薩摩琵琶の上田純子氏,尺八奏者クリストファー・遙盟氏,箏の吉澤延隆氏,ヴァイオリニスト三瀬俊吾氏ら,さまざまな楽器を用いてゼミソンのインターカルチュラルな美的関心を提示する試み.工房・寂の今後の方向性をはっきりと示す,最初の演奏会です.
flexible
忍ぶ恋 (2013)

演奏者:上田純子(薩摩琵琶)
歌詞:式子内親王




小雄鹿 (2013)

演奏者:吉澤延隆(箏)




夢語り (2013)

演奏者:きむらみか(声)、クリストファー遥盟(尺八)、三瀬俊吾(バイオリン)
歌詞:貞松瑩子


Facebook